カテゴリ:店( 4 )

 

近所飲みあれこれ

「私のおうち、泥棒に入られたんよ」

近所で常連の飲み屋とはいえ、自分から話しかけてくることはまずないお店のおばちゃんがめずらしくカウンターから体を乗り出し気味に話しかけてきたのは2週間ほど前。


とまあひっぱり気味な出だしではありますが泥棒とか今日のお話にはあんまり関係なし。

にしてもあのときのおばちゃんは話に夢中で、私がお店に入ってから20分ほど、こちらから催促するまで最初の飲み物も突き出しも出さなかったほど。
まー確かに、泥棒に入られるというのは人生の中でもそうそうない大イベントではありますが、私にとっての驚きというか収穫は別のところにありました。

かなり以前の話ですが、おばちゃんはお店を2~3週間閉めていて、「ついに潰れたか」と思わせましたが復活後話を聞くと、「NASA関連の仕事についてる息子に誘われてアメリカ旅行に行ってきた」と、場末の閑古鳥が鳴いている飲み屋に最も似つかわしくない言い訳をしたのです。
「写真見る?」と渡してくれたものはすべて、単なるパンフレット。おばちゃん、写真といえば普通、観光地で自分が写っている類のものでしょう!
しかもその後に出てくる言葉は、旦那さんは大学の先生だったりかなりの高級住宅地に居を構えていたり、とうさんくささ満載で、失礼ながら、きっと思いつくままに話しているのだろうと話1割程度に聞き流していました。

が、今回の泥棒話に関連して出てきた話を聞く限り、そのときに聞いた話の内容と一致する内容が多い。NASAとは言いませんでしたが息子のうち1人はアメリカで働いているとか、以前結婚のための顔合わせでアメリカに言ったとか。泥棒に入られたお家も前に聞いた場所と一致。なんと、もしかすると話は本当だったのか・・・!


とまあ、実はそんな話も今日したい話ではなく、その日(泥棒話の日)にお店に居たおっちゃん。

なんやかんやでなぜか、その日、そのおっちゃんと私、おばちゃんとで色々と話が盛り上がり、会話の中で私がよく行く焼肉屋の名前が出てきたので、私が「あそこ美味しいからよく行きますよ!」と食いつくも、おっちゃんは微妙な反応。が、おっちゃんはその焼肉屋のなんらかの身内らしいので、私はひるまず一生懸命、その焼肉屋のすばらしさを説明し「この辺では一番美味い」などと持ち上げまくったのに、持ち上げるほどなぜかおっちゃんは引いていきます。

んーなぜ?

しばらくして、今飲んでる飲み屋の2軒隣にも焼肉屋があるのですが、その店の名前が出てきたとき、おばちゃんが
「この人、そこのお店のマスターですよ」
いやー早く言ってよ!!もちろんそこもよく行くよ、ていうかさ、おばちゃん、さっきその焼肉屋のおばちゃんと同郷だという話をしてたやんか、そのときに言ってよ!おっちゃんも、その話のときに自分の身内の話であることが分かるような振る舞いなり言動をしてよ、普通に聞き流してたくせに!!
別のお店の焼肉屋を「この辺では一番美味い」なんて言ってしまったよ!!!
どうやって取り戻せばいいんだ・・・いや実際、このマスターの焼肉屋もけっこう美味しいんだって、言ってくれたらちゃんと伝えたのに、私の気持ちを。

その後なんとか、マスターの焼肉屋も無理やり持ち上げて名誉回復?
その後も、「まあもうちょっと飲もう」と言われると最初の持ち上げ失敗の引け目もあり、その日は夜2時まで付き合わされました。


というわけで後日、昨日の夜ですが、行ってきたのですそのときのおっちゃんの焼肉屋に。

私はおっちゃんの顔をよく覚えておらず、厨房にいるマスターらしきご主人がそのときのおっちゃんかどうか自信がなかったので、焼肉もある程度食べ終わって最後の一杯のつもりのジンロ・ロックを頼んだときにお店の人に聞いたところ、すぐに分かってもらえました。
お店のおばちゃんはマスターに「あんた!あんたこないだ夜中の2時まで遊んでもらったって言ってたお客さんが来てるよ、この人なら私も顔覚えているよ、よく来てくれるお客さんだよ!」と声をかけます。
うん、厨房から出てきたマスターの声を聞くと間違いなくそのときのお客さんだ。
そろそろ帰ろうと思っていたのに、ジンロと一緒に、なぜか別の焼酎がジョッキ・ロックで出てくるし・・・・好きに飲めと焼酎の瓶も置いてくれてるし、飲み物と食べ物のバランスを取る為に生センを頼むと山盛りで出てくるし、さらには自分で栽培しているイチゴを子供に大量にくれるし!


とりあえず、うれしそうに大量のイチゴを頬張る子供の顔を見ながら、おとうさんが夜2時までがんばって接待をしたおかげだぞと心でつぶやきました。
[PR]

by nande27r | 2009-04-19 09:46 |  

思いつき温泉旅行

もう先週の話、温泉の自慢話です。
というか温泉旅館の食事の自慢話です。

自慢話というか自慢写真の羅列です。


急な思いつきでの温泉旅行。北陸に向かったのですがとにかくもう、冬とも春ともつかない中途半端な時期に足を運んだと思っていましたが何の何の。

旅館の料理はあまりにも美味で、大変でした。食べるのが。

まあ今更言うのもなんですが、私はどうしても飲みが中心になりますので、旅館の料理はまず食べきることは出来ません。よって、「これは食べないで置こう」と一口だけ口をつけて残す料理を2~3品は作らなければならないのですが、今回の旅館に関しては、そういう捨てメニューを作らせない。どれもこれも激ウマ。しかも如何にもお酒に合う肴的なものが中心。日本酒はデフォルト酒の燗酒を頼みましたが、個性こそ薄いものの間違いなく大手系の普通酒ではなく、鼻につくものがないスッスと飲める味で、これまた肴を一摘みする度にお酒をどうしても口につけないといけない。つけないといけない気にさせられるのです。摘む。飲む。摘む。飲む。永遠に続く酒肴地獄天国。

f0151643_12335664.jpg
突き出し。的なもの。定番の蟹もありますが、メインではありません。
ビールスタートながら、もうこの段階から日本酒に移行したくてウズウズ。

f0151643_12391244.jpg
そばが早い段階で出てきました。
こういう少し腹に溜まる系を酒の場で早い段階で頂くのは嫌いではありません。
ちょっと腹に入れていたほうが酔いがゆっくり回る気がしているので。
このそばも美味かった・・・。

f0151643_124334.jpg
地元のお魚のお刺身。何も言うことはありません。

f0151643_1244440.jpg
こういう汁系も挟みながら次々と料理がやって来ます。

f0151643_1245745.jpg
鰆?鱈だったかも、の西京焼き的なもの。いや、西京焼きって言ってたかも。(失念)
ただ覚えているのは、この魚が肴として最強だったということ。
この肴だけで時間をゆっくりくれたら、徳利3本は空けられたことでしょう。
しかも向こうに見える緑色はふきのとう。これまたお酒が進む味で、2本は空けられる。
この一皿だけで1時間くらいゆっくり飲みたいところですがそうはさせぬと料理は続く。

f0151643_12475596.jpg
これはお子様用メニューにあったエビフライ。
えらく立派なエビフライが付いていましたが、息子はこんな得体の知れないものには決して手を伸ばさない超保守派なのでビールに合わる用に失敬しました。もち子供に食わせるには余りにももったいない美味さ。

f0151643_12495074.jpg
たぶんメインのブリしゃぶ。たぶん、というのは今までのどれもこれも、肴として立派にメインを張れるものだったので・・・。
冬の北陸といえばどうしても蟹に目が行きがちですが、ブリも名産でした、忘れていました。
氷見ブリとかいうブランドものもありますし、鰤起こしという言葉もありますね。
ぶりのつくねも美味かった・・・。

f0151643_12533872.jpg
これでもかと続く料理、ラストあたりでさらに出てくる帆立。
お酒を追加しないわけにはいきません・・・。


な感じで、食べるのに夢中になって撮り損ねた品もいくつかありますが、とにかく料理に大満足で、本気でもう一度来てもよいと思える旅館でした。お酒はビール2本と燗徳利6本。ま、徳利は小さめだったということで・・・。
[PR]

by nande27r | 2009-03-29 13:09 |  

今日は携帯不携帯でした

おどろいた!!

ついこないだ、うだしげきサイン会じゃなくてうだしげき飲み会なら参加する、と豪語したばかりなのに。


今日ふらと入った居酒屋にうだしげきさんが居ました・・・。

いました、本当にいました。



若い女性と、デビッドと呼ばれる若い外人さんと一緒でした。

デビッドは「ウルトラマン7」と書かれた服を着ており、オタクな業界人であることはあからさまでした。


つめても15人くらいしか入れない、コの字形のカウンターだけのお店。

ここはおそらくこの辺りでは有名と思われるお店で、昔は道場六三郎の写真があったり、ホテルで聞いたらここを紹介された、という人が来るなど結構混むお店なので、頻繁には足を運んでいないお店でしたが(私は空いてる店しか行かない)、最近は人が少なくなったのか、隣にあったスシ屋入り口を閉鎖して半分の規模になっています。
(スシ屋/おでん屋とお店が2コーナーに分かれて入り口も2箇所あった)


私はコの字の向かい側に座っていたので話しかけることは出来ませんでしたが(出来てもしないと思うけど)、映画の話も時々していました。

店がいっぱいになり、つめて座らなければならない状況のときに、うださんは「もう一人来るから」と隣を空けていたのでまさか川瀬監督が?と思いましたが、現れたのはドミニクさんという女性。


というわけで耳ダンボで話を聞いていましたが、「ドキドキ」を英語で説明するのに四苦八苦など、うだしげき飲み会の話の内容は我々一般人レベルとあまり変わらない感じでしょうか。


私は、お店に入ってすぐお酒燗二合。そしてもう一本。
ビールもなし。(ビールは今飲んでる)


お店に一人で現れて二合燗酒二本をサクッと空けて颯爽と帰る(私の)姿にうだしげき一向も釘付けだったことでしょう。
(よく飲む人だ、と思っただけかもしれませんが・・・)



しっかし私の隣に座っていた若いカップル。

この店に割りとよく来るようで、若いわりにギャアギャア騒がず話もおっとりとした好感持てる感じでしたが、

 「みんなと飲んでも楽しくないんだよねえ、皆ぜんぜん飲まないから」

 「へえー、それは楽しくないねえ」

 「ジュースだよ、焼肉でコーラ。飲みに行ってもテンションあがるどころか、1.5倍下がるよ」

 「そんなん盛り上がらんよねえ」




・・・ 2人とも2杯目から梅酒サワーのお前らが



言うなあっっ!!!


ふう。
[PR]

by nande27r | 2008-01-09 23:32 |  

深まる謎

今日はうちのすぐ前の飲み屋。

この店はママが一人でやっているのですが、謎が豊富です。

なんせ人がいない。
混んでいることはまずないのですが、あんまり暇過ぎてか気づくとママがうたた寝していることもしばしば。
以前、すごく忙しい日があったことを延々客に愚痴ってたところに遭遇したことも。

しかも安い。
ボトルキープを駆使していることも一因ですが、でろんでろんに飲んでも一人3000円を超えることはありません。
なぜこの人の少なさと安さで店をやっていけるのか。

息子がNASA関連。
NASA関連の仕事をしている息子に呼ばれてアメリカ旅行に行ってきたそうです。
「写真見る?」と見せてくれたものはすべてパンフレット。当然ママは写っておらず、本当に行ったのかどうかも疑われます。

いつも空いているのにバイトを雇っていたことがある。
昔この店に初めて来た当初、バイトらしきおにいちゃんがいました。
上記息子の話を聞いて、空いているのに不自然に居たおにいちゃんは息子だったのかと合点したのですが、そうではなくて単なるバイトだったとのこと。
うーむ、なぜ必要だと考えた?


かように謎多き店でありますが、今日も再び謎は深まりました。


夫は東京の大学の先生。
これは息子がNASA関連の信憑性を高める要素ではあります。

なのに仕事の関係で関西に住むことに。
話を聞く限り東京に住んだことはなさそうでしたが。元々は九州の方だそうです。

関西では家を3回引越し(いずれも購入)。



夫が大学の先生で息子はNASA関連で、家を何度も買い換えるようなママがなぜこんな場末チックな居酒屋で、一人で、客も少なく安い店を続けているのか。
結局謎の一片も解明できないどころかますます深まる結果に。



ちなみに今日、客は最初から最後まで私一人。
飲んで食って金額は1700円也でした。

そういえばもう一つの謎。
素材も値段相応に安そうですが、どれもこれも味付けが絶妙でうまいです。
[PR]

by nande27r | 2008-01-08 21:45 |